在学生メッセージ


Message from
students
 

さまざまな思いを胸に日々取り組んでいます

明治学院大学教育発達学科の在学生が、どうして教育発達学科に進学しようと思ったのか、どのようなキャンパスライフを送っているのか、将来どのような道に進みたいと考えているのかなどを聞いてみました。

Message from students 

さまざまな思いを胸に日々取り組んでいます

明治学院大学教育発達学科の在学生が、どうして教育発達学科に進学しようと思ったのか、どのようなキャンパスライフを送っているのか、将来どのような道に進みたいと考えているのかなどを聞いてみました。

教育発達学科 児童発達コース3年  安藤瑛梨

自ら問題を解決する力の重要性
AI(人工知能)が活躍する社会で今後は臨機応変に対応する力が重要になります。子どもが自主的に学びたいと思える授業づくりを目標に、日々取り組んでいます。ゼミでは模擬授業を行い、どのようにしたら子ども自身が課題を見つけ、問題を解決する力を身につけられるかを研究しています。

教育発達学科 特別支援コース3年 安田拓矢

それぞれの障害に適したケアを
現在、小学校の普通学級には発達障害など見えにくい障害をもつ子どもが共に学んでいますが、周囲の専門知識が不足しているため、満足な支援を受けられず、将来への不安が大きくなっています。ゼミでは障害をもつ子どもたちの卒業後の進路を踏まえ、具体的な支援方法などを学んでいます。

国際教育コース 教育発達学科3年 松本悠希乃

誰もが安心して学べる社会を
外国人の増加に伴い、国内の小学校に通う外国人児童も増えていますが、言葉や生活習慣の違いなど、さまざまな問題で不登校になるケースが報告されています。ゼミでは外国人が日本で学ぶ上でどのような支援が必要なのかを、海外と日本の教育や制度の違いを比較しながら研究しています。