在学生メッセージ


Message from
students
 

さまざまな思いを胸に日々取り組んでいます

明治学院大学教育発達学科の在学生が、どうして教育発達学科に進学しようと思ったのか、どのようなキャンパスライフを送っているのか、将来どのような道に進みたいと考えているのかなどを聞いてみました。

Message from students 

さまざまな思いを胸に日々取り組んでいます

明治学院大学教育発達学科の在学生が、どうして教育発達学科に進学しようと思ったのか、どのようなキャンパスライフを送っているのか、将来どのような道に進みたいと考えているのかなどを聞いてみました。

教育発達学科 2014年度生 阿部雄基

・なぜ教育発達学科で学ぼうと思ったのですか?
中学3年時に東日本大震災で被災しました。その時の経験を基に、万が一災害に遭ったときに教師がどのように動くべきか、また、その後の対応はどうすべきかを考えるようになり、心理学と教育学を学べる明治学院大学の教育発達学科を志望しました。

・どんなことを研究していますか?
子どもの貧困問題について研究しています。親から子へ貧困の連鎖が生まれるメカニズムを調べるために、ボランティアとして実際の教育現場に入っています。現状を知り、過去のデータ等の調査を進め「格差を無くすために教育ができること」を論文にまとめています。

・今後、どんな道に進みたいと思いますか?
地元仙台市の小学校教諭を目指しています。中学教諭二種免許状(英語)も取得しているので、今後は、小学校でも必修となる英語についてもしっかり教えていける先生になりたいです。そして、子どもたちが楽しいと思ってくれる学校づくりをしたいと思います。

教育発達学科 2014年度生 久保山咲子

・明治学院大学教育発達学科の魅力は何ですか?
たくさんあるのですが、まず、学生同士仲が良いこと。模擬授業制作などを通して自然と親しくなりました。また、実践的な質の高い学びを得られるところも魅力です。さまざまな体験活動を通じて、現場の課題に触れることができます。

・勉強以外で力をいれていることはありますか?
学科独自の自主的なサークル「お話ポップコーン」に所属し、月に一度小学校で読み聞かせを行っています。子どもたちの学年に合わせた本選びだけでなく、飽きさせないためのしかけから考えるので、大変やりがいがあります。そのしかけに対し、子どもたちからの反応もストレートに伝わってくるので手を抜けません。

・将来、どんな道に進みたいと思いますか?
保育士として、療育施設で働きたいと思っています。現在は保育士免許取得にむけて、キャリアセンター教育キャリア支援課主催の「保育士資格取得対策講座」を活用しています。将来は、一人ひとりとゆっくり向き合える保育士になりたいと思っています。

教育発達学科 2014年度生 森本弥子

・どんなことを研究していますか?
国語に関するゼミに所属し、言葉の力について研究しています。ゼミ生が交代で教師役となり模擬授業を行うのですが、仲間や先生から「ヒントを出しているしているつもりが正解を言ってしまっている」と指摘され反省しました。実践的指導力をつけるため日々頑張っています。

・勉強以外で力を入れていることは何ですか?
弓道部に所属し、授業と練習を両立しています。2年生の時には全国大会で団体戦第3位となることができました。弓道は自分との戦い。困難に打ち勝った時の爽快さは何事にも変えられません。興味のある方はぜひ!

・今後、どんな道に進みたいと思いますか?
小学校教諭になりたいです。いろいろな観点から心理学を学んでいるので、そのアプローチ方法を活かしながら、一人ひとりの気持ちに寄り添える教員を目指しています。その夢に向けて、子どもたちの思いを上手に言葉に引き出すことができるよう勉強中です。